電車・駅のご案内

社内さまざまな部署の社員が集結して新たなサービスを検討

プレミアムカーは、どのような検討を経て実現したのでしょうか?

人口減少や高齢化などの影響により、鉄道のお客さまは1990年代初めから減少傾向が続いてきました。このような厳しい経営環境のなか、鉄道事業の活性化を目的に2013年に発足されたのが「鉄道活性化委員会」です。
この委員会は鉄道の活性化につながるあらゆる企画を検討するもので200以上のアイデアが出されました。メンバーは役職や所属に関係なく、幅広く鉄道に直接関わりのない部門からも集まり、これまでにない新たな切り口で種々の検討が行われました。
そのなかから企画として採用され、具体的な検討を進めるためのプロジェクトチームが発足して実現に至ったのがプレミアムカーです。

今回のプレミアムカーというアイデアは、どのようにしてうまれたのでしょう?

有料座席指定車というアイデア自体は、新しいものではありません。多くの鉄道会社が以前から観光向けの有料特急や通勤ライナーなどを運転していますし、当社でも過去に検討されたことはありました。
これまで実現に至らなかったのには様々な理由があると思うのですが、ニーズは絶対にある、きちんとしたビジネスモデルを構築できればお客さまに喜んでいただけるという直感があり、鉄道活性化委員会でアイデアを発表したところ、具体的な検討を進めていくことになり、引き続きプロジェクトチームにも参加することになりました。

プレミアムカーのアイデアを発表するまでに、どのような検討をされたのですか?

私は入社以来、鉄道部門の業務に直接携わった経験はほとんどなかったのですが、今回、鉄道経営の常識にとらわれず自由に考えてみたとき、最初にやったのが京橋駅のホームに立って、電車を乗り降りされるお客さまをひたすら眺めることでした。
京橋駅は京阪で最も乗降客の多い駅です。たとえば、出町柳方面に向かわれるグループのお客さまがいらっしゃるとします。手前の天満橋駅や淀屋橋駅で乗車された他のお客さまが席にいらっしゃるため、京橋駅からグループでご乗車されるお客さまには分かれてお座りいただくことも多くなってしまいます。ホームで電車を待ちながらガイドブックを開き、京都に着いたらあのお店に行きたいねと相談していたお友達やご家族が、電車が到着し、並んで座ることができないのを見て「あぁ」とちょっと落胆した表情になられる。
そういう時、お客さまにとって乗車している時間が「早く着いてくれないかな」と思って耐える時間になってしまっているのではないかと思ったのです。

 
そういう「耐える時間」を変えたいと考えられたわけですね。

個人的な話になりますが、以前、東京に頻繁に出張していた時期がありました。毎回新幹線を利用したのですが、何度かポケットマネーでグリーン車にアップグレードしたことがありました。その時、東京までの3時間がグリーン車になると非常に快適で、こんなにも違うのかと感じました。グリーン車では資料を広げて、コーヒー片手にじっくり仕事の準備をして、さあやってやろうかという感じで東京に乗り込めるんです。新幹線と違って乗車時間は長くないかもしれませんが、京阪電車という普段の日常の中でも、こうした上質な時間をお客さまにご提供したいと思っていました。
今の時代は、価値のあるものにはしっかりお金を払い、そうでもないものは安く済ませるという消費動向が顕著です。また、ご高齢の方も増え、着席して乗車したいというニーズも高くなっています。たとえ有料であっても、確実に座れて、より快適な車内でゆったりと過ごせるサービスをお求めの方は必ずいらっしゃると考えたのです。

 
プレミアムカーの企画は当初から、現在のようなものだったのですか?

私が検討に加わったのは、2014年にプロジェクトチームが発足したときのことでした。当時私は列車運行計画業務などに携わっていましたが、プレミアムカーの実現に向けて、さらに踏み込んだ検討に入るというタイミングで参画することになったのです。
実は、その頃に進められていた企画の方向性は、正直言ってお客さまにとって本当に魅力のあるものになっているとは感じられませんでした。そもそもお客さまは普段ではできない乗車体験に対して特別な対価を払われるのであって、当時の企画内容には「本当にそう言えるか?」という疑問を感じたのです。そこで、もう一度プレミアムカーによってお客さまに何を提供するのかという原点に立ち戻り、メンバーと一緒に根本的に事業プランを見直すことを提案しました。
そうしてまとめあげた企画を経営層へプレゼンした際に強調したことは「お客さまが特別料金をお支払いされるのは、“普段の日常とは違う、上質な時間”に対してである」「この企画によって、京阪特急のイメージをより一層高めるものにしたい」という点です。もちろん、会社としても相応の投資が必要となりますが、お客さまには必ず喜んでいただけるものになると説明しました。

具体的な企画にまとまるまでには、いろいろなご苦労があったのでは?

プロジェクトチームのメンバーで、有料特急やライナー列車など、全国の列車に乗って徹底的に調べて回りました。
乗車の際には、日付・時間、気温、天気、停車駅とその間の距離、各駅でどのような方が何名乗降するかなどを細かく記録しました。さらに、有料車両を利用せず一般車両で立っている方の数を数え、どの駅でどのような状況下でそういった方が発生するかを何度も出向いて調べました。車内をうろうろ見て回り、ときには車掌の方に「いつもこんなに混んでいるんですか?」などと質問することもありました。どのような方が有料座席指定列車を利用し、車内でどのような行動をとったかも注目した項目の1つです。

それでは、京阪のプレミアムカーでは、どのような方が、
どのように利用されると想定されていますか?

どのような方がプレミアムカーを利用されるのかという話はこれまでもずいぶんしてきましたが、私たちは、プレミアムカーで体験できる上質な時間に価値を見出してくださるすべてのお客さまだと考えています。
プレミアムカーでは、お一人でご乗車されるお客さまにはお一人の、お二人にはお二人の、ご家族にはご家族の、それぞれにとって快適な時間、すなわち「私の○○時間」を楽しんでいただきたいと思っています。ある方にとっては「私の快眠時間」かもしれません。また、ある方にとっては「私の仕事時間」かもしれません。心安らぐ読書時間、集中できる勉強時間、パートナーやお仲間との語らいの時間など、「○○時間」の○○に、お客さま一人一人によって異なる言葉を書き込んでいただけるなら、企画に携わった者としてこんなに幸せなことはありません。

 
  • プレミアムカーを鉄道復権の切り札に、京阪DNA「進取」で鉄道事業を未来へ
  • 徹底的にこだわった空間デザイン・付帯装備で車両に新たな価値を
  • プレミアムカーを鉄道復権の切り札に、京阪DNA「進取」で鉄道事業を未来へ
  • 徹底的にこだわった空間デザイン・付帯装備で車両に新たな価値を
お問い合わせ
京阪プレミアムカークラブ専用ダイヤル
06-6945-0897 平日9:00~18:00(但し12月30日から1月3日まで休業)
06-6945-0897
平日9:00~18:00
(但し12月30日から1月3日まで休業)
その他のお問い合わせ 京阪電車お客さまセンター
06-6945-4560 平日9:00~19:00 / 土休日9:00~17:00 年中無休(12月30日から1月3日を除く)
06-6945-4560
平日9:00~19:00 / 土休日9:00~17:00
年中無休(12月30日から1月3日を除く)

プレミアムカー・ライナーの ご予約はこちらから

ご乗車14日前の午前10時より受付いたします

Page Top

ページの先頭へ