京阪グループおトク情報

KYOTO, SMART STYLE

京都タワーKYOTO TOWER

京都タワー

中も楽しいシンボルタワー

なめらかな曲線を描く白い塔身が美しい京都タワー。完成したのは1964年12月28日、海のない京都の街を照らす灯台をモチーフに建てられました。高さは131メートル。東寺の五重塔が約55メートルですから、2倍以上の高さを誇ります。京都を訪れる人々をはじめ、多くの人に親しまれている京都のシンボルタワーですが、実はタワーの中にも楽しいスポットがいっぱい。ここから京都観光をスタートすれば、その後のワクワク感が違います!

京都タワー展望室

まず、行くべきは展望室

エントランスからエレベーターに乗って「京都タワー展望室」へ。地上100メートルの高さから京都の街をぐるり一周見渡すことができます。観光スポットの多い京都の街。上から眺めて訪れる場所を考えるのもいいですね。観光名所の情報は展望室にあるタッチパネル式の観光案内モニターで入手。その場で調べるだけでなく、表示されるQRコードを読み込めば、ご自身のスマートフォンへ情報を送ることもできるんです。

たわわちゃん神社

神社だってタワーの中に

神社仏閣の多い京都の街でもっとも高いところにある神社は京都タワーの中にある「たわわちゃん神社」。展望室の5階にあります。ご神体は京都タワーの公式マスコットキャラクター・たわわちゃん。様々な縁結びのご利益があるといわれています。お参りの後は、かわいい「たわわちゃん絵馬」に願いを書いて納めましょう。おみくじ「たわみくじ」にはラッキースポットが書いてあるので、観光する場所を決めるのにもいいですね。このたわわちゃん神社、単なる観光スポットのモニュメントと思うなかれ。絵馬やおみくじは、たわわちゃんが下鴨神社へ奉納に行くのです!

大浴場

朝風呂OKの大浴場も

さらに、地下には大浴場があります。朝7時からの営業なので、夜行バスで京都に着いた人たちの御用達スポット。疲れた体を一旦癒して京都観光に出かけましょう。予約をしておけば、京都タワーホテルの朝食バイキングも楽しめるセットプランもあります。女性用のパウダーコーナーが広くてきれいなのもうれしいですね。

京都タワーのカラーライトアップ

期間限定のイベントもいっぱい

夏のお化け屋敷やVRバンジージャンプ、アニメや映画などとのコラボレーションイベントなど、期間限定のイベントが多いのも京都タワーの魅力。何度訪れても、いつ訪れても楽しい何かに出合うことのできる場所なんです。

また、いつもは白い京都タワーですが、クリスマスなどのイベントや記念日に合わせてカラーライトアップも行われます。いつもと違う京都タワーに出合えれば、ちょっとラッキーな気分になれますね。

営業時間・休館日
  • 展望室9時~21時(最終入場20時40分)
  • 大浴場7時~22時(最終入場21時30分)
住所・電話番号
〒600-8216 京都市下京区東塩小路町721-1
075-361-3215(受付 9時~20時)
アクセス
JR「京都駅」下車、徒歩約2分
料金
  • 展望室
    ・大人770円・高校生620円・小中生520円・3歳以上150円
  • 大浴場
    ・大人750円(土日祝890円)・2歳以上小学生以下450円
    ※フェイスタオル1枚無料貸出

ページの先頭へ

  • 沿線おでかけ情報(おけいはん.ねっと)
  • 電車・駅のご案内