車両紹介

びわこ号

びわこ号

天満橋-浜大津間(京阪三条経由)を直通運転するために製造された車両で、車体前・後面には流線型のスタイルを取り入れ、日本で最初に連接構造を採用しました。直通運転のために、乗降用扉は高床用と低床用を、集電装置はパンタグラフとポールを併設しています。当時は直通特急に使用され、びわこ号と命名されました。今も側面には「こわび」銘板(製造当時の右から左に記述する名残)をつけています。
現役時代の形式は60形で3編成を製造しました。現在は63号を昔の姿に戻して、寝屋川車両基地で静態保存しています。

製造年 昭和9年
製造所 日本車輌製造
定員 112人(うち座席60人)
最大寸法
  • 車体長:21.45m
  • 車体幅:2.336m
  • 車体高:4.0m
自重 26.42t
構体 半鋼製
制御装置 複式制御器
主電動機 直流直巻電動機
ブレーキ装置 電気及び空気制動並びに手用制動機
製造両数 3編成

他社線からの乗換案内

ダイヤ・運賃検索

ダイヤ検索


駅時刻表

運賃

よくいただくご質問

ページの先頭へ

  • 沿線おでかけ情報(おけいはん.ねっと)