車両紹介

8000系

8000系

鴨東線開通に伴う特急車増備用として新造し、以降、増備した車両。アルミ合金製車体に複層ガラスの固定窓を採用し、インバータクーラと共に静かな車内とし、1両毎に室内カラーリングを変えました。制御装置は6000系同様の回生ブレーキ付き界磁位相制御ですが、初めてワンハンドルマスコンを採用し、任意の速度での定速運転を可能としました。平成9年、10年には、ダブルデッカー車を新造、増結しました。平成21年度からバリアフリー対策、車端部のロングシート化を含むリニューアル工事を実施しました。

製造初年 平成元年
製造所 川崎重工
定員 108〜125人(うち座席52〜78人)
最大寸法 18,900(中間車18,700)×2,780×4,205mm
自重 Mc:36.0t〜37.0t, M:35.0t〜36.0t, T:25.5t〜26.5t, TD:35.0t
構体 アルミ合金(ダブルデッカー車のみ鋼製)
制御装置 界磁位相制御(8M1C) 定速制御付き
主電動機 直流複巻電動機 175kW×4
ブレーキ装置 全電気指令式電磁直通ブレーキ
(回生ブレーキ付き)
保有両数 80両

他社線からの乗換案内

ダイヤ・運賃検索

ダイヤ検索


駅時刻表

運賃

よくいただくご質問

ページの先頭へ

  • 沿線おでかけ情報(おけいはん.ねっと)