電車・駅のご案内

車両紹介

2400系

2400系

2200系の増備用として新造した戦後関西初の通勤冷房車です。性能的には2200系と同じですが、屋上に小型ユニットクーラを8台搭載し、大型MGを初めて採用したのが特徴です。なお、本車系より昇圧を考慮した電気品としました。
昭和63年から平成2年にかけて、内装のリニューアル、制御装置の添加励磁・回生ブレーキ化および補助電源装置のSIV化などの車体改修工事を実施しました。

製造初年 昭和44年
製造所 川崎重工
定員 140、150人(うち座席42、48人)
最大寸法 18,700×2,720×4,185mm
自重 M:35.0t, Tc:24.5t, 26.0t, T:25.0t
構体 鋼製
制御装置 添加励磁制御(8M1C)
主電動機 直流直巻電動機 155kW×4
ブレーキ装置 電磁直通ブレーキ
(回生ブレーキ付き)
保有両数 42両

他社線からの乗換案内

ダイヤ・運賃検索

ダイヤ検索


駅時刻表

運賃

よくいただくご質問

ページの先頭へ

  • 沿線おでかけ情報(おけいはん.ねっと)