座席指定の特急列車 PREMIUM CAR 8.20 Debut

大阪と京都を結んで100年以上。京阪電車の自信を込めた座りごこちが、いま走り出す。

PREMIUM CAR

NEWS & TOPICS

  • 2017.05.19
  • プレミアムカーサイトを公開しました。

大阪、そして、京都。たくさんの人々と想いを結んで、100年余り。そんな京阪電車ならではの経験と自信が、これまでにないプレミアムな乗り心地になりました。細部にまでこだわり抜いた設計。洗練された佇まいでありながら、自分の時間をゆったりと過ごせる空間。毎日に、新たな選択肢を。京阪電車の誇りを込めた新型車両が、いま、走り出します。

プレミアムカーの特徴

  • くつろぎの空間デザイン
  • 広いリクライニングシート
  • 大型テーブル
  • 全席コンセント配備
  • 無料 Wi-Fi
  • トランクも置けるラゲッジスペース
  • 専属アテンダント
  • 料金ワンコイン程度

車両紹介

京阪特急のカラーである「赤」、そして特別車両としての品格をあらわす「金」。

存在感を示しながら8000系車両(エレガント・サルーン)とも美しく調和する配色。

さらに室内空間に落ち着いたプライベート感をもたらす京阪電車では初となる1扉。

私たちがこれまで車両に取り入れてきた「風流の今様」というコンセプトを継承し、京阪電車のDNAをまっすぐに受け継いだ、現代的な「プレミアムカー」がここに誕生しました。

  • ※ 古都京都と水都大阪を結び、豊かな文化・風情に彩られた沿線イメージを守りつつ、新たなサービスに取り組む「進取」の精神と「現代的感覚」を融合
 

また車内のデザインは、より贅沢で雅やかなパーソナル空間をお過ごしいただけるようこだわりました。

気品ある金色の扉から車内にお入りいただくと、ガラスのパーティションで区切られたエントランスがお客さまをお迎えします。車内は漆黒色とやわらかな生成り色を基調とした落ち着きのある空間に、金色をアクセントカラーとして取り入れています。

座席は、快適にお過ごしいただけるよう2+1の3列でゆったり配置するとともに、前後のシート間隔を従来よりも100mm拡大し、足元空間にも可能な限りの余裕をもたせています。京阪初のリクライニング可能な広いシート(着座面の幅460mm)はプライベートな時間をゆったり過ごせるプレミアムシートとなっており、座席には大型テーブル(一部の座席除く)やコンセントを配置。また、ご旅行などで大きなお荷物をお持ちのお客さまにも安心のラゲッジスペースも装備しています。

  • 車両紹介
  • 車両紹介
  • 車両紹介
車両紹介

またプレミアムカーには専属のアテンダントが
常駐し、お客さまにきめ細やかなサービスを
ご提供します。

「プレミアムカー」が連結された特急車両8000系のうち、
一般車やダブルデッカーには乗車券のみでご利用いただけます。

「プレミアムカー」は8000系特急車両(8両×10編成)の京都側から6両目です。大きな両面窓と2人掛けクロスシートが特徴の特急車両は鴨東線開通にともなって1989年(平成元年)にデビュー。平成9年、10年にはダブルデッカー(2階建て)車両を新造し、増結。平成21年度からリニューアル工事を実施して現在の姿となりました。特急として大阪・淀屋橋~京都出町柳間を運行し、6号車以外はこれまで通り乗車券のみでご利用いただけます。

※ライナー運転時を除く

車両紹介

ご予約方法

ご乗車には「プレミアムカー券」のご購入が必要です。

プレミアムカーのご乗車にはいつもの乗車券に加えて、プレミアムカー券(¥400・¥500)が必要です。
「プレミアムカー券」は専用サイトまたは特急停車駅のインフォステーション等でご購入いただけます。
  • インターネットでお買い求めの場合
 - 8月初旬に京阪電車HPに解説する専用サイト「プレミアムカークラブ」にてお買い求めください。
    インターネットでお買い求めの場合
  • 駅でお買い求めの場合 - 特急停車駅のインフォステーション等でお買い求めください。
    駅でお買い求めの場合
<お問い合わせ> 06-6945-4560 平日9:00~19:00 / 土休日9:00~17:00 年中無休(12月30日から1月3日は休業)

ご利用料金(プレミアムカー料金)・運転時間

運転開始日:平成29年8月20日(日)

運転時間

  • ※ 昼間時は最大1時間に上下各4本運転します。
  • ※ 8月20日(日)より、京阪線の一部列車のダイヤを変更します。
  • ※ 主に特急で運転(概ね現行ダイヤと同じ)します。
  • ※ 昼間時間帯における淀屋橋~出町柳の特急所要時分は約54分です。
  • ※ ご利用の際には別途乗車券が必要です。
Page Top

ページの先頭へ

  • 沿線おでかけ情報(おけいはん.ねっと)