電車・駅のご案内

車両紹介

3000系

3000系

中之島線開業のシンボルかつ次世代のイメージリーダーとして新造した車両です。
10000系をベースに種々の改良を加えたアルミ合金製3扉の車両で、外板塗色や車内の色彩を一新するとともに、座席配置を1列+2列の自動転換クロスシートを含むセミクロスシートとする事でラッシュの他様々な運用に対応可能となっています。また、各扉上に設けたLCD車内案内表示器により、列車種別、停車駅などの運行情報の他、天気予報、ニュースを配信しています。平成21年グッドデザイン賞と鉄道友の会のローレル賞を受賞しました。

製造初年 平成20年
製造所 川崎重工
定員 113、126人(うち座席37、38、45人)
最大寸法 18,900(中間車18,700)×2,782×4,138mm
自重 Mc:36.5t, M:36.0t, T:27.0t, 27.5t, 29.5t
構体 アルミ合金
制御装置 VVVF(2M1C、2バンク)
主電動機 三相かご形誘導電動機 200kW×4
ブレーキ装置 全電気指令式電磁直通ブレーキ
(回生ブレーキ付き)
保有両数 48両

他社線からの乗換案内

ダイヤ・運賃検索

ダイヤ検索


駅時刻表

運賃

よくいただくご質問

ページの先頭へ

  • 沿線おでかけ情報(おけいはん.ねっと)