電車・駅のご案内

石清水八幡宮参道ケーブル

石清水八幡宮参道ケーブル

Design Concept

神聖なる陽(赤)と 月(黄)のひかり

つるべ式ケーブルカーは「片一方が昇ると片一方が下がる」。
対になる二つの車両のこの関係を「太陽」と「月」に見立てた。
それぞれが発する「ひかり」を、反射と色の移ろいがあるメタリック色(太陽光=赤銅色、月光=黄銅色)で情緒的に表現。

コンセプトイメージ

❖シンボルマーク

  • あかね(01号車)に入る
    「吽形」のシンボルマーク

  • こがね(02号車)に入る
    「阿形」のシンボルマーク

神の遣いとされる「阿吽の鳩」、御神紋「流れ左三つ巴」。
石清水八幡宮を象徴する二つの要素をモチーフにしたケーブルカーの新しいシンボルマーク。

❖車両インテリア

客室
左右側引戸で使った赤金配色の「あかね色」、「こがね色」をモケットにも展開し、空間のカラーデザインを統一的に演出しました。また、外装とも統一感のあるデザインとしています。

外装の変わり霞柄との共通性と石清水八幡宮境内の瓦土壁の要素を付加した柄のデザインをモケットにも施しました。

❖車両設備

車掌台
車両運行準備の合図を運転台に対して行うほか、扉の開閉や車内アナウンス、高音質BGMなどの操作も行います。

防犯カメラ
運転保安の維持ならびに車内のセキュリティ向上を図るため、防犯カメラを設置しています。お客さまに安心を感じて頂けるよう防犯カメラ作動中の表記も行っています。

❖地上設備

巻上装置
主索輪、従索輪、案内索輪、主原動機、主減速機、常用制動装置、非常制動装置等で構成されています。また、主電動機の制御方式はインバータ方式を採用し、省エネルギー化を図っています。

運転台
運転状況、故障状況をモニター画面で監視できます。また、ボタン一つで出発・停止が自動的に行える自動運転を導入しているほか、手動による可変速運転が可能です。

❖石清水八幡宮

宇佐神宮、鶴岡八幡宮と並ぶ日本三大八幡宮の一つ。
貞観元年(859年)に創建されました。古くは源氏の氏神として、また厄除けの神様として広く信仰を集めています。平成28年(2016年)に本社10棟が国宝に指定されました。
なお、車両愛称「あかね」、「こがね」については、石清水八幡宮の宮司に揮毫していただいております。

Route Map

京阪線路線図

ページの先頭へ