電車・駅のご案内

ようこそ寝屋川車庫へ

こんなところです「寝屋川車庫」

寝屋川車庫

寝屋川車庫について

寝屋川車庫では、お客さまに安全・安心・快適な車両を提供するための業務を担当しています。

車両工場にZOOM!

留置線”電車の家”車両工場”電車の総合病院”検車庫”電車の診療所”

寝屋川車庫には、大きく3つにわけて『車両工場』・『検車庫』・『留置線』の施設が備わっています。

『車両工場』では、各部を装置単体もしくは部品レベルまで分解して行う“定期検査”や“大規模修繕工事”など、『検車庫』では、在姿状態で各装置の動作や機能の検査および消耗部品の取替えなどを、そして『留置線』では、一部の専用作業線で洗車や車内清掃などを行っています。

5種類の検査があります

法令で定められた5種類の検査を厳格に実施しています。

全般検査車両工場8年を超えない期間ごとに車両全般について行うもの。
重要部検査車両工場4年または当該車両の走行距離が60万kmを超えない期間のいずれか短い期間ごとに動力発生装置、走行装置、ブレーキ装置等重要な装置の主要部分について行うもの。
状態・機能検査検車庫
(寝屋川)
3月を超えない期間ごとに車両の状態及び機能について行うもの。
列車検査検車庫
(寝屋川・淀)
10日を超えない期間ごとに車両の主要部分について外部より行うもの。
臨時検査

車両工場

検車庫
(寝屋川・淀)

車両を新造または改造した場合やその他必要がある場合に行うもの。
検車庫は“電車の診療所”

5種類の検査の中で「列車検査」「状態・機能検査」は検車庫で行っています。短いサイクルで車両の健康状態を調べる“電車の診療所”的な役割を果たしています。

検車庫での検査は、ハンマーの打音でボルトの緩みなどの状態を判断する打音検査や、ガタつきなどを手で触れて判断する触手検査、傷の有無などを目で確認する目視検査など、人間の五感で点検する部分が多く、機械では感知できない繊細な保守点検が求められます。ブレーキシューなどの消耗品を交換したり、可動部分への注油も行います。

車輪の形状修復で安全で快適な走行を守ります

車輪の表面は使用年月に応じて少しずつ摩耗し形状が崩れて行きます。乗り心地の向上や走行騒音の低減を図るため、定期的に車輪の表面を削り直しています。

床下型車輪旋盤装置

床下型車輪旋盤装置

お客さまにいつも快適にご利用いただくために

車両の車内清掃や洗車などの作業を留置線で行っています。清掃のプロが定期的に車内各部の清掃を行います。車体は洗車機で側面と正面を5日周期で洗浄しています。

洗車・車内清掃

他社線からの乗換案内

ダイヤ・運賃検索

ダイヤ検索


駅時刻表

運賃

よくいただくご質問

ページの先頭へ

  • 沿線おでかけ情報(おけいはん.ねっと)