電気部門

WORK FIELD

京阪電気鉄道という社名にも示されるように、「電気」は鉄道のエネルギー源であり、日々の緻密な運行を行う上でも欠かせない技術。電気部は、さまざまな電気施設の改良・保全を通じて、鉄道システムそのものを担う大きな役割を果たしています。

電気部における仕事は大きく2つの分野に分かれています。ひとつは、当社沿線上に設置され列車や駅などの電力供給源となっている変電所およびトロリ線などの電線路設備、駅の照明や空調などの駅設備を担当する「電力」分野。もうひとつが、列車の安全・確実な運行を支える信号、踏切、ポイント設備や駅の案内表示システム、旅客案内ディスプレイ、さらには列車無線などの情報通信設備を担当する「信号通信」分野です。技術系専門職社員は、いずれかの専門技術者として設備の点検・保守はもとより、設備更新や新設工事の設計から施工までを実施しています。さまざまな現場経験を積み重ねながら、鉄道電気施設に関する高度な知識や技能を持つエキスパートとして成長していきます。

また、電気部は、総合指令所による高度なシステム運用を支えるセクションでもあります。具体的には、電力分野では変電所等の遠隔監視制御を行う「電力管理システム」、信号通信分野では『ADEC(アデック)』と名付けられた「列車運行管理システム」により、鉄道輸送を司るさまざまな業務を集中的に行っています。当然、こうしたシステムの設計・施工も、設備に関する豊富な経験と知識を持つ技術者の仕事であり、その力をフルに発揮することになります。

MESSAGE

お客さまに安全で快適に電車をご利用いただくためには、電力設備や信号保安設備といった鉄道電気施設が正常に機能していることが大前提です。私たち電気部は、決して目立つ存在ではありませんが、電気という列車のエネルギー源を確実に供給することと、信号保安設備を正確に動作させることで、鉄道の安全安定運行を支えている重要な部門です。それゆえ列車が毎日正常に運行されているということは、私たちの大きな誇りとなっています。

私たちの業務は、既存設備のメンテナンスだけでなく、大規模高架化工事や情報通信技術の急速な発展に伴う新設備の設計・施工などが多くあります。また、信号設備やポイントなど、定期的に更新している各種電気設備にも工夫を加えながら更新をしています。自らが設計や現場管理等で携わった設備が実際に形となり、さまざまな試験を繰り返し、問題点を解決して、無事に列車運行がなされた時の喜びは格別なものがあります。

新しい設備はデジタル化が進み、いまや、あらゆる鉄道電気施設は巨大なネットワークシステムの一部になっていると言えます。当社においても、列車運行に関しては総合指令所を核とし、すべての駅にシステムを配置して全線を光ファイバで結んだ最新のネットワークシステムとし、情報の配信、受信、制御を行っています。
それゆえ、これからの鉄道電気の技術者は、設備に関する専門的な知識と同時に、コンピュータネットワークについての知識も不可欠な時代となっています。そのため、鉄道電気施設は電気技術者にとって技術的興味をひきつけられるシステムの宝庫と言えるでしょう。

また、鉄道の電気設備は沿線に点在しているため、仕事は屋外の作業も多く、夏の炎天下や冬場の夜間の作業などもあります。しかし、そうした日常の保守・点検業務に際しても、探求心旺盛に「この装置はなぜこうなっているのか」を常に考え、自分の中で全体システムを一つずつ理解していけば、時には辛い現場作業も、きっと大きなやりがいとなるはずです。

電気エネルギーで動く鉄道は環境にやさしい公共交通機関として、今後その役割は確実に増大していくでしょう。当社は、電気施設に関しても自営での設計、保全体制を長年敷いてきたことにより、他に負けない深いレベルでのノウハウを多く有しています。私たちはこれまで培ってきたノウハウにさらに磨きをかけ、より安全で快適な鉄道システムの実現をめざし、今後も新技術・システムの導入を積極的に行っていきます。「あなたなら、列車を効果的に動かし、制御するには、どうしますか?未来の鉄道をどう描きますか?」

先輩社員から

※所属は取材時点のものです

現在の仕事内容
線路上の電気設備の点検や改修業務の担当を経て、現在は変電所と呼ばれる施設で、電力を送るための機器の管理やメンテナンス、老朽化した機器の更新に関する工事の立会いを担当しています。変電所は、電車や駅ホームの照明、信号機器等、京阪線で使用される電力全てに関わる重要な施設です。日々安定的に電力を供給し、「安全・安心」に電車を運行させるために、普段の検査で異常がないかをチェックすることが非常に重要となる仕事です。
仕事のやりがい
電気部の業務は、運転士や駅員のような表舞台で活躍する仕事とは異なり、いわゆる裏方から支える仕事が多数あります。しかし、「縁の下の力持ち」として確実に機器を点検し、未然に不具合を発見する非常に重要な仕事です。多くの機器を取り扱い、電気の知識をフルに活用させることが求められますので、普段から勉強は欠かせません。机上の勉強だけではイメージが湧かなくても、現場で経験を積むことでより一層の理解につながり達成感を味わうことができます。たゆまぬ努力で、日々、当たり前に電車を運行させることが私の使命だと考えています。
学生へのメッセージ
私は、幼い時から親しんできた当社で、沿線のお客さまの生活を自らの手で支えていきたいと考え、当社に入社しました。学生時代に学んだことは社会に出てからも生かされていますが、社内外問わず、色々な世代の方々と接する機会が多くなりますので、その中でも重要になるのがコミュニケーション能力だと実感しています。新入社員の頃は特に、自分から垣根を越えて、積極的にコミュニケーションをとることを心がけていました。先輩たちから技術や想いを受け継ぎ、社員一人ひとりが鉄道事業を未来にわたり守り続けるという強い使命感をもって仕事に取り組んでいますので、このような想いに共感していただける方と、一緒に働ける日を心待ちにしています。
1日のスケジュール
1日のスケジュール

TOPICS ビジネス・トピックス

変電所を遠隔コントロールする『電力管理システム』

『電力管理システム』は京阪線沿線にある16カ所の無人変電所を遠隔監視制御するシステムです。2台の制御用コンピュータによる2重構成により、鉄道システムとして高い信頼性・安全性を維持し、電気の負荷変動に応じて各変電所の整流器や変圧器の自動運転を行ったり、突発的な事故故障に対応し、常に安定した電力供給により毎日の列車運行を支えています。

自律分散式列車運行管理システム『ADEC(アデック)』

『ADEC(アデック)』は運転指令と19カ所の制御駅、信号場、車庫、電気指令を光ファイバケーブルの2重ループ状伝送路で結んだ列車運行管理システムです。このシステムでは運転指令で運行の総合的な管理を行い、個々の制御は各制御駅のコンピュータにより自律分散に行っています。高速ネットワーク上で制御情報をやりとりすることで、信頼性の高いシステムを実現しています。

新型ATS(Automatic Train Stop 自動列車停止装置)の導入

ATS(自動列車停止装置)システムは、列車を停止信号までに停止させ、他列車との衝突防止および急曲線や急勾配での速度超過防止を目的としたシステムで、決められた速度以上で通過すると強制的にブレーキをかける、列車をより安全に走行させるための装置です。当社でも国土交通省で決められた基準をもとに設置していますが、より一層の安全性向上に向け、新型ATSの導入プロジェクトを進めており、2015年度に京阪線一部区間において稼働を開始しました。従来の軌道内に設置したATS地上子設置箇所の速度チェックに加えて、新型ATSではレールを情報伝送の媒体として使用し、列車の位置にかかわらず常に速度チェックを行うことで、より高い安全性を確保し、京阪の「安全・安心」のブランドを守ります。