土木・建築部門

WORK FIELD

大阪・京都・滋賀をエリアとする総延長距離91.1kmの路線と89の駅施設を有する鉄道事業において、日々の列車の安全・快適輸送を支える基盤となっているのが、軌道・橋梁・トンネル・駅設備などのさまざまな土木施設・建築物です。日々の線路や駅設備の維持・管理に努め、「安全」「迅速」「正確」「快適」な列車運行を守るために必要な保守・改良工事を計画・実施するのが工務部(保線・土木・建築)の役割です。

また、国や自治体と連携して地域の再生や活性化を促進するために鉄道施設を整備することも、当部門の重要な使命です。例えば、地域分断の解消を目的とする鉄道の高架化や駅における自由通路の整備、あるいは鉄道と道路交通との結節点となる駅前広場の整備がその代表的なものです。こうした工事では、鉄道の安全な運行や安心してご利用いただける駅設備をお客さまに提供するため、当社の鉄道施設に限らず、その周辺の施設も含めて当社がかかわることが多くあります。

工務部の技術職社員は、土木施設・建築物の点検・保守はもとより、保守・改良工事における社内外の関係者との調整や協議も重要な役割であり、その守備範囲は非常に広範なものとなります。コスト・計画設計・施工監理のすべてをマネジメントしながら、幅広い年代の方やさまざまな立場の方と議論を重ね、“ものづくり”のプロセスに一貫して携わることができるのは、工務部ならではの醍醐味です。完成した施設に対して、お客さまから多くの反応をいただくため、地域社会の大切な財産を築き上げるという大きな達成感を得ることができます。

MESSAGE

工務部では、保線・土木・建築に関する専門知識と経験を駆使して、工事計画の立案から施設の企画・設計、積算、工事発注、そして実際の工事現場における施工監理までトータルで携わることになります。ミリ単位の緻密な軌道保守、橋梁やトンネルなど土木構造物の長寿命化、駅設備のリニューアルなどの業務では、自ら知恵を絞り、創意工夫を凝らして具体化していく場面が多く、大きなやりがいと達成感を得ることができます。

工事を計画から完成まで円滑に進めていくには、社内外の多くの部門との調整や、建設会社との設計・施工協議を行います。また、工務部の技術者は、専門の技術知識だけでなく、プロジェクトのまとめ役として全体を指揮していく「マネジメント能力」や「交渉力」も必要です。さまざまな苦労が伴いますが、ひとつの仕事をやり終え、出来上がった施設とともに、仕事にかかわった人たちと信頼関係を築くことができたなら、必ずそれは、あなたの貴重な財産となるはずです。そして、その積み重ねを経て、将来的には高度な専門家としてのリーダーシップを発揮することを期待しています。

工務部の技術者は、当社の蓄積されたノウハウを時代のニーズに合わせうまく活用し、さらに創意工夫を凝らして、新たな価値の創造に取り組んでいます。ぜひ私たちと一緒に新たな価値への挑戦を始めてみませんか。

TOPICS ビジネス・トピックス

鉄道の高架化

1999年から始まった淀駅周辺の高架化事業が、2014年度で竣工しました。この事業によって、淀駅を中心に京阪本線約1.5㎞の高架化が完了しました。また、2013年度から、香里園駅から枚方市駅にかけての約5.5㎞を高架化する連続立体交差事業に着手しています。

快適な駅のトイレ環境の整備

お客さまからのご要望をもとに、京阪線の駅トイレのリニューアルを進めています。清潔感の向上を基本としながら、高齢者や子育て世代にやさしく、さらには訪日外国人の増加など社会環境の変化にもお応えできる機能を備えたトイレ空間づくりを目指します。
個室は全洋式化し温水洗浄便座を導入、パウダーコーナーや幼児用器具(便座)の設置、訪日外国人に配慮した分かりやすいご案内(衛生器具の使用方法を4ヵ国語やイラストで表示)を施したつくりとしています。また、環境に配慮し、節水タイプの衛生器具やLED照明の採用を進めていきます。
2016年度までに七条駅・清水五条駅・祇園四条駅・出町柳駅トイレのリニューアルが完了しました。